ゴルフを上達させるためには身体を正しい姿勢にしよう

ゴルフを楽しみながら健康も維持できる

四十肩、五十肩でもゴルフを楽しめる方法

time 2017/09/12

四十肩、五十肩になってもゴルフを楽しみたいという人も多いでしょう。

五十肩の原因で多いゴルフ

五十肩になってしまう原因としてよく聞くのがゴルフです。
極端に肩を使いすぎてしまう事によって肩が炎症を起こしてしまうのですが、まだ原因は完全には解明されていません。そのためこれもあくまで可能性の一つです。

ゴルフのプレイ中に痛くなってしまったら無理しないこと

もしもゴルフをしていて突然肩が痛くなってしまった時は、無理して続けようとせずいったんプレイを中断しましょう。
ゴルフ付き合いもあるでしょうが、周りにも理解してもらいます。

そしてできる限り早めに病院へ行き、薬が必要な場合は処方してもらい、アドバイスも受けましょう。
このタイミングが遅れてしまうと、さらに治療期間が長引く恐れがあります。

五十肩になってしまった場合、初期段階ではとにかく安静にしておくこと、落ちついてきたら、ある程度動かすことがリハビリにつながります。
リハビリ段階になったなら、ゴルフをリハビリ感覚で無理のない範囲でやってみるといいでしょう。

四十肩になってしまう原因とは?

四十肩の症状は、痛くて肩が上げられない状態です。さらに細かくお伝えすると、肩の関節が老化によってかたまってしまい、動いた弾みに炎症してしまう現象です。

四十肩の原因としては様々なものがありますが、その中でも多いのが老化や運動不足です。遺伝も考えられますが、それよりも老化や運動不足が多いでしょう。

コメント

  • こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

    by WordPress コメントの投稿者 €2017年9月12日 2:28 PM

down

コメントする