ゴルフを上達させるためには身体を正しい姿勢にしよう

ゴルフを楽しみながら健康も維持できる

関節の可動域を広げればゴルフの上達と怪我予防になる

関節の可動域を広げればゴルフの上達と怪我予防になる

ゴルフがもっと上手になりたい!、怪我しにく体作りをしていきたいと考えている人がいたら、ぜひ関節の可動域を広げるようにしてみてください。

ゴルフで緊張して体が硬直してしまっていたら、柔軟性が欠けていると考えられます。
人が様々な運動技能を獲得する時に、柔軟性は重要な要素でもあり、それはゴルフでも同じことが言えます。

関節の可動域を広げることはどうして重要か?

ゴルフ上達のためには、関節の可動域を広げて筋肉を柔軟にしておくといいでしょう。これはゴルフに関わらず他のスポーツでも同じことが言えます。

緊張や不安があると体はリラックスする事ができず、筋肉の柔軟性は失われてしまいます。こうなるといいパフォーマンスができなくなってしまうのです。最高のパフォーマンスをするには、関節の可動域で力を存分に発揮する必要があります。

そのためにも自ら筋力を発揮していき、能動的に関節を動かす範囲の柔軟性をアップさせる必要があります。

可動域を広げることが怪我予防にもなる

筋肉が柔軟であれば怪我の予防にもなります。筋肉のかたさは体の動きとも深く関わっているのです。筋肉そのものがバネのような性質を持っているので、バネでもある筋肉の動く範囲が大きければ大きい程、その範囲は大きくなっていきます。

大事なシーンで良いスイングができた時は、次回も同じように良いスイングができる可能性が高くなります。

筋肉に負担がかからないようにするためには、正しいスイングで打たなくては、スライスでボールが曲がってしまい飛距離も伸びませんし、身体にもよくありません。ドライバー 飛距離アップでは、元プロゴルファーの吉本巧がわかりやすく打ち方を教えてくれ、正しい打ち方のための正しい練習法まで公開しています。私も試しに見てみましたが、こんな方法で簡単に飛距離が伸びるのかと目から鱗でした。この教材を見た2万人の内、ほとんどの人が改善したというのはダテじゃないですね。

しかし失敗してしまうと筋肉に力が入ってしまい、体がうまく動かせなくなってしまうでしょう。こうなるといいスイングができるはずもなく、スランプに陥ってしまうのです。